「今回の芝居で、一旦芝居を辞めようと思ってんだ。」

出演交渉の為に飲みに行った時、彼はそう僕に言ったのです。

彼とは、随分長い付き合いで、僕より全然年下なのに「おい、吉田ダメだろ。」と、僕が調子に乗ってるとタメ口で突っ込んでくれる、そんな男です。
そして、やたらいい声です。

彼の次の夢はソムリエになる事。

ワインのあーだーこーだのうん蓄を彼のあのいい声で、おしゃれなレストランで言われたら、1本3万円のワインくらい入れてしまおうか、世の奥様は思うに違いない!!

ヤバい!
ヤバい!!

そんな事は世の奥様のお財布とお父さんのお小遣いの為にそんなことは許されないっ!!

僕は、彼をどうにかお芝居の世界に残ってもらわねばと心に誓いましたw

まぁ、それは冗談として、
彼のやりたいことを応援する気持ちもありながら、なんと言うか、寂しくて、彼がいなくなるという喪失感に打ちのめされたりしたのです。
それほど、彼はうちの芝居にとって、僕の作品にとって必要不可欠なワンピースでした。

だから、
どうにかして、ソムリエの夢は夢として、それを実現しようが何だろうが、彼がお芝居を続けたいって思えるような公演にしようと思いました。

それは凄く自分勝手で、はた迷惑な理由ではあったろうと思います。
ここに書く事もないかなぁ、と思うのですが、葬儀屋クミちゃんを作る上での重要なファクターであったことは確かなのです。

果たして、稽古が進むにつれ、彼が「駄菓子屋ケンちゃん」、「葬儀屋クミちゃん」と作り上げてきた中村という役は、誰にも変わるものがいない掛け替えのないものである事が、本当によく分かったし。この1分1秒が彼の演劇活動終了へのカウントダウンなのかと思うと、胸がいっぱいになったのです。

彼自身も稽古から本番を通して、本当に楽しそうで、辞めることへの葛藤がはたからも見て取れました。

そして公演は終了…。

何日か経った彼のブログに、
「辞めることを辞めました」の文字が…!!

僕は泣いたのです。
本当に声を上げて泣きました。

ソムリエの夢は追いかけ続けながら、彼は演劇と関わることを選択してくれた。

そのきっかけに、少しでも「葬儀屋クミちゃん」がなってくれていたならば、こんなに嬉しいことはないのです。

宮本正也。

彼がお芝居を続けていけるよう、僕も頑張っていきたいと思うのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
人気ブログランキング、今朝はやっぱり2位でしたww

皆さんのポチッとが励みになります!! どうぞよろしく!!
 

←こちらをポチッと!! 

 ============================ 
「葬儀屋クミちゃん」DVD化決定!!  
お問い合わせは  
performanceunit.s4u@gmail.com  
こちらまで、お問合せメールをいただけますと、後日詳細を送らせていただきます!!  



そしてそして、S4U宣伝計画も推進中!  
FacebookやTwitterでS4Uの最新情報を手に入れませんか??  

https://www.facebook.com/pages/Performance-Unit-S4U/1436671883243205(フェイスブック)  
https://twitter.com/PU_S4U(S4Uツイッターアカウント)